嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ入門編

オンラインカジノの税金はどうなる?計算方法と確定申告の方法を詳しく解説|オンラインカジノ比較ラボ

オンラインカジノで一定額以上の金額を稼ぐと税金がかかることは皆さまご存じでしょうか?

誤った解釈で遊んでしまうと、脱税と見なされてしまう恐れもあります。

気付いた時には手遅れでした…と悲惨なことにならないように納税義務が発生する金額や税金の計算方法、確定申告の方法を詳しく解説していきます。

なぜオンラインカジノには税金がかかるのか?

なぜオンラインカジノには税金がかかるのか?最初に皆さんが気になる点だと思います。

単刀直入に言いますと 、出金する金額により税金はかかります。

オンラインカジノで獲得した金額は日本の法律的では一時所得としてみなされ、課税対象になるのです。

ここで一時所得とはなにか?定義については解説します。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

一時所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます)
(2) 競馬や競輪の払戻金
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等
出典:国税庁ホームページ(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

ここで気になるのが競馬や競輪の払戻金も該当にあります。

実は競馬や競輪そしてパチンコやスロットなどで獲得した金額も税金を支払う必要があります!

でもパチンコやスロット、競馬で勝った時に税金を払っている人なんて聞いたことがないし、税金がかかることを知らない人がほとんどです。

なぜオンラインカジノだけ税金がかかるのでしょうか?

その理由は獲得した金額の出金にあります。パチンコや競馬等は獲得した金額の払い戻しを現金で行っているため公的な記録に残りません。

そうなると、お金の流れを税務署側が把握が困難で詳しくお金の動きを追うことが難しく、取締りができず大目にみられている(見逃してもらっている)のが現状です(ちなみに宝くじは例外で、あらかじめ税金が天引きされています)

一方、オンラインカジノで獲得した金額の払い戻しは銀行振込や電子決済システムや小切手など、公的記録に残る方法に限られています。

そのため、税務署側がしっかりお金の動きを管理しており、納税しなければ追及されてしまいます。

この納税義務を怠ると脱税になってしまいます。

 

オンラインカジノで税金が発生するケース

オンラインカジノで一定額以上の金額を稼ぐと税金がかかります。

税金は、その年の1月1日から12月31日までに獲得した金額にかかります。

簡潔に述べると、獲得した金額で 1年間の間の出金額が50万円を超えない場合は、申告する義務はなく、税金を払う必要はありません。

つまり、オンラインカジノで税金が発生するかは年間で出金した総額によって決まってきます。

ではどのように利益を計算すればいいのでしょうか?

 

オンラインカジノの課税金額の計算方法


それでは、オンラインカジノで獲得した金額にかかる課税金額の計算方法を紹介します。

オンラインカジノで獲得した金額は一時所得に分類され、課税されます。

一時所得の算出方法は以下の通りです。

一時所得の計算式
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

儲けから賭け金を引き、さらに特別控除額を引いた金額が一時所得となります。

ここで注意しなければいけない点があります。

オンラインカジノ等のギャンブルは支出金額に損失額を含むことができません。
たとえば、「11月19日に100万賭けて200万稼ぎ、11月21日に100万賭けて150万負けた」場合の支出金額は?

正解は、100万円が支出金額となります。

2回の支出で100+100で200万円と考えた方がほとんどかと思います。 しかし11月19日の支出金額100万のみとなります。

一時所得の計算式は所得税と名付けれらていることからわかる通り、所得が発生したときのみ適応されます。

税金的には、勝ったときの支出しか支出金額に該当されません。

勝った金額を出金するたびに課税されると考えるとよいでしょう。

年間で発生した一時所得が50万未満の儲けであれば特別控除額として控除されるため、納税の必要はありません。

会社勤めの方の場合、給与以外に20万以上の収入があった場合は確定申告の必要があります。

オンラインカジノで獲得した金額が年間70万未満の場合は確定申告の必要はありません。

計算については年間トータルでまとめて計算はおすすめできません。
負けたときの支出まで支出金額に計上してしまいがちだからです。
正しい税額を計算することが出来ないどころか納税しているのに関わず手間もかかり損することも… 収支はなるべくこまめに計算し記録するようにしましょう。

 

確定申告の方法について


オンラインカジノで得た収入に対する税金は、その年の1月1日から12月31日が対象期間です。

そして確定申告の時期は、翌年の2月16日~3月15日になります。

確定申告の方法

確定申告の方法は税務署に赴いて行ったり、e-Taxを活用しオンラインで行ったり、ご自身の環境やライフスタイルにあわせて行いましょう。

申告する際の注意点としては、前年度の1年間が対象ということです。

申告時期が翌年の2月16日~3月15日のため、申告する翌年の1月からの収入も計算に入れてしまうという事が内容に注意してください。

確定申告に必要な書類

確定申告を行う際には、必要となる書類は以下の通りです。 申告前に余裕をもって用意しておきましょう。

1) 源泉徴収票(12月~翌年1月頃までに勤務先の会社からもらう)
2) 支払調書(12月~翌年1月頃までにオンラインカジノ側からもらう)
3) 経費の領収書やレシート(所得300万円以下は領収書・レシート必要なし)

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。

わからないことがあっても税務署の方に直接相談にいけばOKです。

自分で申告する場合は確定申告時期の最終週が特に込み合うため、なるべく早めに行くことをオススメします!

オンラインカジノ利用が会社にバレないように注意すること

会社に勤めているプレイヤーの方は、『確定申告をすると オンラインカジノで稼いだお金がバレるのでは? 』と不安になってしまうこともあるかと思います。

副業が禁止とされている会社もまだありますよね。

そんな方達が気を付けておきたいポイントがあります。

確定申告書の2面に書かれている『給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法』という欄にある『普通徴収』にチェックを入れてください。

普通徴収にチェックを入れないでいるとお勤めの会社に届いてしまいます。

チェックを入れておけば、住民税徴収票が自宅に届くようになります。

企業にお勤めの方は必ずチェックしてください!

 

まとめ

この記事では、オンラインカジノで稼ぐと税金がかかるの?という疑問に対して解説してきました。

要点をまとめると、

  • オンラインカジノは入金額以上に出金すると課税対象になる
  • 年間50万以上が課税対象になる
  • 出金の記録は細かく残す
  • 確定申告は会社にバレずにできる

でした。

↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST