嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ入門編

オンラインカジノの回収モード論に決着!|オンラインカジノ比較ラボ

最初は順調に勝っていたのに、儲けが大きくなってきた途端に急に勝てなくなってしまう。
気付いたら有り金全部つぎ込んでしまったぁ!!………こんな経験ありますよね。
俗にいうイカサマの代表例である回収モード。

パチンコ屋などでは「給料日後は出ない」「あの店は高設定がない」というように
運営の会社側でコントロールすることが可能なお金を巻き上げるモードがあります。

はたしてオンラインカジノで回収モードはあるのか?

今回は回収モードについて解説したいと思います。

回収モードかと疑ってしまうケース

私もオンラインカジノでプレイしていてイカサマだろうと思う瞬間がありました。
ヨーロピアンルーレットでココモ法を駆使してダズンベットでプレイした際に30連敗をしたことがあります。(もちろん30連もベットし続けることはできないので15連敗し、お金が溶けた後は空回しでしたが)

30連敗をする確率を計算をしてみたら宝くじで配当100万円程あたる確率でした。

そんなことあるの?というのがその時の率直な感想でした。
しかも最初はココモ法を利用して順当に稼いでいた後の勝負の時での大連敗だったので余計に回収されたと思いましたね。

他にもネット上の口コミ等を見てるとバカラで20連敗とか、赤黒で16連敗とか色々とあり得ない確率の負けを喫したという情報もあります。賭けた金額が大きければ大きいほど負ける確率が高くなる気がするという声も多数ありました。

色々な意見が飛び交っている中実際はどうなのでしょうか?

 

オンラインカジノに回収モードは存在するのか?

そもそもオンラインカジノは外国で運営されているということはご存じでしょう。

日本人向けのオンラインカジノはまだそこまで業界で浸透していないですが、現在世界のオンラインカジノの数は2,000以上と言われています。
それだけの数があれば、その中には不正なソフトウェアの操作や、勝利金を支払わないといった悪質なオンラインカジノもあります。

2007年、2008年頃に代表的なカジノと言えばこのお台場 Casinoというオンラインカジノがありました。

その当時は最も人気のあるカジノの一つでしたが、2009年に突然閉鎖し未払いのまま飛んでしまい、ユーザが阿鼻叫喚した事件もあります。

オンラインカジノ運営会社も売り上げがなければ運営自体出来なくなってしまいますよね。

こちらは悪質な運営として警告されているオンラインカジノです。

#1 Lucky Gambler Casino 日本語あり注意。旧スターネット系
African Palace Casino 日本語あり注意。支払い遅れ。プレイテック
American Grand Casino 不払い RTG系
Angelciti Casino 不払いと顧客情報漏洩 (現Shark Casino)
Black Widow Casino 大手につき注意。プレイテック系。
Casino4aces 不正ソフト。Casino Bar系列。
Casino Bar 有名カジノにつき注意。ソフトが不正。
Casino Extreme 有名カジノにつき注意。RTG系
Casino Neo Max 不払い (日本語あり注意)
Casino On Air ソフトが不正
Cleopatra’s Casino 不払い RTG系
Club Mardi Gras Casino 不払い RTG系
Crystal Palace Casino 不払い RTG系
Cub Regal Casino 不払い RTG系
Grand Banks Casino 有名カジノ。プレイテック系。
Indio Casino 支払い遅れ。プレイテック系。
Ix Casino 不正操作可能なソフトを使用
Kiss Casino 不払い RTG系
Magic Oasis Casino 有名カジノにつき注意。Windowsと同系列。
Prism Casino 苦情殺到。RTG系
Roman Casino カードに不正請求。不払い。独自ソフト
Silver Vegas Casino 不払い。Vegas MVPと同グループ。
Sterling House Casino 有名。プレイテック系。
The House Wins 悪名高きAngelCitiグループ。
Vegas MVP Casino ジャックポット支払い拒否。
Vegas Riches Casino 不払い RTG系。悪評多し。
World Gem 日本語あり。勝ちを無効にして不払い。
Zex Casino 不正操作可能なソフトを使用

引用:https://www.onlinecasinofan.com/scam/

全てのオンラインカジノが回収モードは存在しないかというと絶対にないとはいえません。

上記の不正ソフト・不正操作可能なソフトを利用というのは『ゲームの結果をいじることができるもの』とみていいと思います。

しかし今現在世界には2000以上のオンラインカジノがあることを考えると全てのカジノに回収モードがある訳ではなく、悪質なオンラインカジノは一部であるといえるでしょう。

 

回収モードがあるオンラインカジノを選ばない為には?注意するポイントはこの3つ

オンラインカジノに回収モードがないとは絶対には言い切れないと前述で説明しました。

じゃあどうやっても勝てないならオンラインカジノをプレイしても意味がないじゃないか?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンラインカジノの中には回収モードがない運営をしている会社ももちろんあります。

回収モードがないオンラインカジノを選ぶことによって安全・安心にプレイすることもできます。
ここでは回収モードがあるオンラインカジノを選ばない為に3つのポイントを紹介します。

ゲーミング会社のソフトウェアを使用

オンラインカジノでプレイしているゲームは運営会社が提携しているカジノソフトウェア会社のゲームを採用しており、オンラインカジノ側で操作することは一切できません。

ですが悪質なソフトウェア会社のゲームを採用してしまうと回収モードが存在する可能性があります。

悪質なソフトウェア会社の提供する不正なプログラムが組み込まれたゲームでは勝つ事が出来ませんよね。

オンラインカジノがどこのカジノソフトウェア会社を採用しているかを確認することが大切です。

今から紹介するソフトウェア会社は、既に高い信頼を獲得してるソフトウェア会社です。

  • マイクロゲーミング(Microgaming)
  • プレイテック(playtech)
  • ネットエント(NETENT)

上記に紹介しているカジノソフトウェア会社はソフトウェア会社の審査もかなり厳しいものになっています。

ソフトウェアがしっかりと公平になるようにソフトウェア会社も定期的に、外部の審査期間によって、何百万~数億に至る厳しいチェックが行われてるといわれてます。

海外政府ライセンス取得

運営が怪しくないか、回収モードがないかを見極めるためには、オンラインカジノが合法的に運営されているかどうかです。

非合法に運営されているオンラインカジノでプレイをしてしまうと、出金ができなかったり、回収モードで勝てないなどのトラブルの危険性があります。

オンラインカジノを安心してプレイするためには、合法的に運営されているオンラインカジノを選ぶ事が必須となります。

ではどうやって合法的に運営されているオンラインカジノを探せばいいのか?

実はオンラインカジノを合法的に運営するにためには運営ライセンスの取得が不可欠となります。

運営ライセンスとは、政府から発行される運営許可証で、取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を払わなければなりません。

運営ライセンスをしっかりと取得してるオンラインカジノは、国の許可を得たうえで、さらに厳しい審査基準に合格したオンラインカジノという事になります。
逆に言うと運営ライセンスを取得していないオンラインカジノは法律違反となります。

では、運営ライセンスを取得していれば安心・安全か?実はそうではないんです。

オンラインカジノの運営ライセンスを発行している国(機関)は世界に20箇所以上あり、それぞれの基準に従った審査が行われています。

運営ライセンス発行の審査基準(難易度)は発行している国によって異なるため、何度も審査してやっと取得できるような国もあれば、その反対に使用料さえ払えば審査をほとんど行わずに取得できる国も存在します。

運営ライセンスの有無だけでなく、審査が厳しく評判の高い運営ライセンスを取得しているかを確認する必要があります。

審査が厳しく評価の高いライセンスは以下の通りです。

  • マルタ共和国
  • キュラソー
  • ジブラルタル
  • イギリス

上記に紹介しているのは信頼性の高いオンラインカジノ運営ライセンスです。
オンラインカジノ内でどこの運営ライセンスを取得しているかは確認できます。(運営ライセンスを公開していないオンラインカジノは論外です)
必ずプレイする前に確認をして登録するようにしてください。

監査機関の有無

運営ライセンス、ソフトウェアについては前述しましたがライセンス取得の審査を終えたら好き勝手に運営するようなオンラインカジノがあったら困りますよね?

プレイするゲームが不正ソフトウェアなどであった場合、ゲームバランスが崩れてしまいますよね?

そのようなことがないように、ライセンス取得後の運営会社・ソフトウェア会社等を監視する「第三者機関」が存在します。

第三者機関による監査の有無は、オンラインカジノ運営において法的に必須ではありません。
第三者機関の監査がなくても公平に運営されているカジノもありますが、優良オンラインカジノの多くは活用しています。
オンラインカジノを安心して楽しむためにもチェックしておいて損はない項目の一つです。

代表的な監査機関は以下の通りです。

  • イーコグラ(eCOGRA)
  • グリ(GLI)
  • アイテックラブス(iTech Labs)
  • ギャムケア(GAMCARE)

 

取得の難しいライセンスと監査機関がついているオンラインカジノおすすめ

こちらの3つのオンラインカジノは安心・安全にプレイできる定評のオンラインカジノです。

スポーツベットもできるオンラインカジノ
CASINO-X(カジノエックス)
当サイト限定♪ご登録いただくと入金せずとも$50初回ボーナスがつきます!
また、そのまま入金するとMAX$500のボーナス+フリースピンをプレゼント!

CASINO-Xへの登録はこちら

日本人向けオンラインカジノ
Vera&Johnカジノ(ベラジョンカジノ)
当サイト限定♪ご登録いただくと入金せずとも$30初回ボーナスがつきます!
また、そのまま入金するとMAX$500のボーナスプレゼント!

≫ベラジョンカジノへの登録はこちら

日本人向けオンラインカジノ
カジ旅
当サイト限定登録するだけで$40のボーナスをプレゼント♪

≫カジ旅の登録はこちら

RELATED POST