嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ入門編

オンラインカジノの歴史について|オンラインカジノ比較ラボ

今や世界中でエンターテイメントとしての地位を確立し楽しまれているオンラインカジノ

オンラインカジノを昔からプレーしている方も、今から始めたいという初心者の方も、オンラインカジノはいつ頃から始まり広まっていったのか気になりませんか?

ここではオンラインカジノの歴史について紹介していきます。

オンラインカジノのはじまり

オンラインカジノのはじまりは、1994年にさかのぼります。

カリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国のアンティグア・バーブーダが世界で初めてオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が可決されました。

これがオンラインカジノの歴史のはじまりであると言われています。

1994年以降も、このアンティグア・バーブーダで発行されるオンラインカジノ運営ライセンスの信頼度は高く、有名な運営ライセンス発行国(政府)であるマルタ共和国やジブラルタル、マン島などと並び人気の高いライセンス発行国です。

2003年にアメリカで起こったオンラインカジノ禁止の法案に対し、真っ向から対立をした国の1つです。

アンティグア・バーブーダのオンラインカジノに対しての貢献度は非常に高いです。

インターネットでオンラインカジノと検索すればたくさんの情報がでてきますが、誕生してから30年も経ってないんです。

オンラインカジノの歴史は浅く、まだまだこれからも発展が期待されるジャンルですね。

 

オンラインゲーミング会社の設立

オンラインカジノ運営会社が合法的に運営するためには運営ライセンスとソフトウェアが必要になります。

そのソフトウェアを世界で初めて開発した会社がマイクロゲーミング社です。

マイクロゲーミング社は、イギリス領マン島に拠点を置くソフトウェア会社で、設立はオンラインカジノのライセンスが発行された年と同じ1994年になります。

マイクロゲーミング社と言えば、老舗のソフトウェア会社として今でも人気の高いゲーミングソフト会社です。

ジャックポットシティ(JackpotCity)、スピンパレス(SpinPalace)、ロイヤルベガスなど多くのオンラインカジノサイトで、マイクロゲーミング社のソフトウェアが導入され続けています。

 

オンラインカジノが普及するまで

1996年には創業から現在まで数々の実績を残すインターカジノが誕生しました。

政府公認のライセンスをしっかり取得した、世界で初めてオンラインカジノを提供した業者です。

インターカジノは今もなお、日本国内のプレイヤーに人気の高いオンラインカジノサイトです。

創業当初は、日本語対応はなく、海外だけでのサービス展開を行っていました。

1998年代になると、オンラインカジノにもランドカジノにある高額賞金の獲得が可能な、ジャックポット付きスロットなどのプログレッシブゲームや世界初インターネットでのポーカールームなども誕生しています。

翌年1999年には他プレイヤーとチャットなどの交流をしながらプレイできるマルチプレイヤーギャンブルなども誕生しました。

1990年初期から2000年はまさにオンラインカジノの成長期と言えます。

 

第三者機関の参入と安全面の向上

オンラインカジノ創設当時は運営ライセンスをもたない悪質なオンラインカジノサイトも混在しておりプレイヤーに対し、賞金の未払いやアカウント凍結、運営会社の夜逃げ、ゲームの不正操作など、オンラインカジノプレイヤーを苦しめる様々な問題が頻繁に起きていました。

2003年にはeCOGRA という団体が eコマースオンラインゲーム規制と保証のために創立されます。

eCOGRAは現在も第三者機関として100を越えるオンラインカジノサイトを統制、監視しています。

eCOGRAはNPO(非営利組織)でありオンラインカジノの基準を第三者の公平な立場から作りあげました。

この基準は大変きめ細かく定められおり、審査も厳格なものとなっています。

eCOGRAなどの第三者機関がオンラインカジノを安全に利用できる環境への重要な役割を担っています。

同時に不正取り締まりの強化、ライセンス発行国(政府)の審査基準引き上げにより、現在では悪徳オンラインカジノサイト減少傾向にあります。

ですが、悪質なオンラインカジノが完全になくなったわけではありません。

安心・安全に心ゆくまで楽しむために、合法のオンラインカジノの選び方が大事になってきます。

 

オンラインカジノのこの先は

オンラインカジノの歴史について簡単ではありますがご紹介しました。

これからのオンラインカジノ業界はどうなっていくのでしょうか?

2011年にはApple社のiPhoneやiPadの人気に火がつきはじめ、それに伴いパソコンだけではなくスマホでもオンラインカジノを楽しむことができ、人気もどんどん高まってきています。

スマホと言えば、高速・大容量の通信が可能な次世代通信5Gがすぐそこまでやってきてます。

オンラインカジノはスマホで遊ぶのが主流になる時代も来るかもしれません。

またオンラインカジノでVRが導入され、近い将来ランドカジノに行かなくても、自宅で本場カジノさながらの臨場感あふれるディーラーとの勝負ができ!!なんて話も…期待しかないですね!!

2020年にはオンラインカジノ業界のマーケットサイズはなんと59.79 billion dollars (約6兆484億)になると予想されてます。

この先も更なる成長が予想されるので今後の動向に注目です!

RELATED POST