嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ入門編

全オンラインカジノ共通4つの基本ルール|オンラインカジノ比較ラボ

オンラインカジノはどのオンラインカジノでも共通の基本ルールがあります。

この基本ルールに違反するとアカウントが凍結されたりせっかくの配当金が出金できないなどのトラブルになりかねません。

この記事では、オンラインカジノで遊ぶ上で気を付けなければならない4つの基本ルールとボーナスに関して解説していきます。

オンラインカジノを利用する際の4つの基本ルール

当然ですが、オンラインカジノにも守らなければならないルールが存在します。
どんなサービスでも利用する際には、規約を読んで同意する必要がありますよね。

じゃあ規約を隅々まで読みますか?実際はほとんどいないのが実情でしょう。私もその一人かもしれません・・。

なんだか難しい言葉でたくさん書いてあるので、読むのも大変ですよね。

中には、全く読まずにサービスを利用する方もいるかもしれません。

しかし、ルールを破ると厳しいペナルティを課される場合もあります。

オンラインカジノにおいては禁止事項をやぶると、最悪の場合アカウント停止、口座の凍結なんてことにもなりかねません。

そこで、オンラインカジノを利用する際の4つの基本ルールを紹介します。

同じカジノで複数のアカウントを作成してはならない

オンラインカジノ(ネットカジノ)を利用するとき、アカウントは1人につき1つと決められています。

このルールがないと、登録ボーナスを貰い続けて、勝てるまで無料でプレイするなんてことができてしまうからです。

同一のオンラインカジノで2つ以上のアカウントを作成することは禁止行為となっており、アカウントの強制退会やアカウントの凍結等の厳重な処置・罰則になる場合があります。アカウントにある残高を全て没収されたという話も聞きます。

各カジノサイトにつき、おひとり様1アカウントを守り楽しくカジノゲームをプレイしましょう。

家族がいる場合は注意してください。

アカウントの同一性は、IPアドレスで管理されており、現実的には1世帯1アカウントしか作ってはダメということになります。

これを知らずに、家族が同じオンラインカジノでアカウントを作成してしまうと、1人1アカウントのルールを破ってしまいます。

他にも、アカウントのIDやパスワードを忘れてしまい、新しいアカウントを作り直したという場合も、ルールを破ることになります。

悪気はなくても様々な理由で複数のアカウントを作ってしまうと、それだけで全アカウントが凍結されてしまいます。

アカウントはとても重要なので、安易に考えず、ログイン情報などを忘れてしまったときは、サポートに連絡して正しい手順で復帰するようにしましょう。

他人のクレジットカードは使用してはならない

オンラインカジノ(ネットカジノ)には、VISA (ビザ)やMasterCard (マスターカード)などの各種クレジットカードを使用して現金を入金できるカジノサイトがありますが、クレジットカード決済を利用するときは、必ず本人名義のクレジットカードを利用してください。

オンラインカジノのアカウントとクレジットカード名義人は同一であることが入金の基本で、本人確認書類を提出できなければアウトです。

クレジットカードの名義がオンラインカジノに登録した名前と一致しなければ、決済処理をしている最中に取引不可能なり、勝った賞金の引き出しができなくなる可能性があります。

そんな人いるの?そういるんです!!違う名義のカードを使用して入金する人も稀に存在します。

クレジットカードを使用してオンラインカジノに入金を行う場合は、友人などの他人はもちろんのこと、身内のクレジットカードを使用することなども絶対にやめましょう。

他人の電子マネー口座を使用してはならない

上に同じく、第三者名義のいかなる電子マネーアカウントにも出金できません。

オンラインカジノ(ネットカジノ)では、ecoPayz (エコペイズ)、iWallet (アイウォレット)、Venus Point (ヴィーナスポイント)等の電子マネー決済を利用してお得にスピーディーに現金の入出金を行うことができますが、各種電子マネーサービスを利用する場合は、必ず本人名義で作成した電子マネー口座を使用してください。

上に同じく、第三者名義のいかなる電子マネーアカウントにも出金できません。

マネーロンダリングだと思われますし、詐欺の疑いもかけれる可能性も…まあ当然ですよね。
家族や友人等の第三者名義の電子マネー口座を使用することは、トラブルの原因となりますので絶対にやめましょう。

偽造ID は絶対ダメ!メインアカウントも凍結

オンラインカジノ(ネットカジノ)で稼いだ現金を出金する場合、必ず本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認として健康保険証、運転免許証等の身分証明書の提出が求められます。

間違っても、偽写真や偽ID を使うことは禁止です。

そんな人いないよと思われるかもしれませんが、PCなどで画像の処理が簡単にできるので、IDの偽造は可能です。

もしオンラインカジノ側が偽造IDに気づいた場合、当然、アカウントはロックされ入金したお金も含め出金ができなくなります。

本人確認を行う際に提出する書類は必ず本人名義のご自身の書類を提出するようにしましょう。

以上、オンラインカジノ(ネットカジノ)について4つの基本ルールをご紹介しました。
オンラインでカジノが日本でプレイできるのは、私たちプレイヤーにとっても非常に嬉しいですよね。

しっかりルールを守らない人にはチャンスは来ませんよ。

オンラインカジノを利用する際は、マナーをしっかりと守り、優良なカジノサイトで楽しくプレイしましょう!

 

トラブルになりやすいボーナス

軍資金を増やせるボーナスはもらえるなら嬉しいですよね。

ボーナスでオンラインカジノを選ぶ日本人プレーヤーは多いと思います。

しかしボーナスはありがたい特典ですが条件が付きもので、使い方を間違えるとすぐにトラブルの元になってしまうことがあります。

実際のところはオンラインカジノにおけるトラブルのそのほとんどはボーナスに起因していると言っても過言ではありません。

ここではボーナスを受け取る上で注意しなければいけないポイントを紹介します。

賭け金条件

ボーナスは通常、自分が入金した現金とは別の枠にカウントされ、ボーナスを出金するためには、定められた条件をクリアしなければ出金できないというシステムになっています。

ボーナスを引き出すには、(入金額+ボーナス額)の数倍(オンラインカジノによりまちまちです)の金額を賭けなければ引き出すことができません。

この引き出すための条件のことを、MWR(Minimum Wager Requirement)といいます。

このMWRは各オンラインカジノやボーナスの種類によって条件が異なってきます。

ボーナスの出金条件は、大抵の場合、各オンラインカジノのサイトに掲載されています。
必ず事前に確認し、カジノ選びの参考にしてみてください。

一例として、代表的なカジノのボーナスの出金条件をご紹介します。

ベラジョンカジノ  20倍
チェリーカジノ  40倍
ライブハウスカジノ  40倍
カジ旅  40倍

例えばベラジョンカジノであれば受け取った額の20倍のベットをクリアしなければいけないという条件になります。

ただし一度の賭けでボーナス条件を達成するというわけではないです。
累計での計算となっているため、一気に大金を賭ける必要はありません。

また、MWRをクリアするには、どんなゲームでも対象になるかというと、そういうわけではありません。

各オンラインカジノはMWRをクリアするためのゲームを定めており、それ以外のゲームで金額を賭けてもカウントされない場合があります。

除外ゲームと禁止ゲーム

ボーナスの出金条件を満たす場合はどのようなゲームでも適用されるというわけではくゲームを選ぶ必要があります。

オンラインカジノをプレイしていて除外ゲームや禁止ゲームという言葉を聞いたことあるでしょうか?

除外ゲームとは
賭けた金額がボーナス条件にカウントされないゲームのこと
禁止ゲームとは
除外ゲームがより厳しくなったもので、プレイした段階で何らかのペナルティが課せられてしまうゲームのことです。
ペナルティはカジノによって異なりますが、ボーナス条件にカウントされないことはもちろん、その多くはボーナスチップの没収や、入金額とボーナスチップ両方の没収、アカウントの停止など厳しいものとなります。

除外ゲームや禁止ゲームは、ハウスエッジ(オンラインカジノ側がとる手数料)が低いゲームが対象となります。

ペイアウト率の高いルーレットやブラックジャック、バカラなどが該当し、これらは除外ゲーム・禁止ゲームに指定されている場合が多いです。

自分が好んでプレイしているゲームが除外ゲームや禁止ゲームに含まれていると、ボーナス条件をクリア出来ずに出金できない、ゲームをプレイできない、最悪アカウントの凍結などのペナルティもあります。

除外ゲーム・禁止ゲームの種類はオンラインカジノによって異なりますので必ずボーナス取得の場合は確認してゲームプレイしてください。

高額ベットの禁止

最近の傾向として、ボーナスをもらってプレイする場合のベット額に上限がかけられる場合が多くなってきました。

ベット額を上げるとボーナス条件を早く消化できたり、調子の良いときに大きく賭けらたりとローリスクで大きく勝たれてしまう可能性が高いというのが理由でしょう。

 

ベット額の上限には主に以下のようなタイプがあります。

  • ボーナス額の~%まで賭けれるというタイプ

一般的には受け取るボーナスの20%~30%程度の条件が多いようです。
つまり100ドルのボーナスをもらったら、1回のプレイでは20ドルまでしか賭けられませんという事になります。

  • ~まで賭けれるというタイプ

受け取るボーナス額に関係なく、常に~までと決まった上限しか賭けられませんとうたっているオンラインカジノも見られます。
受け取るボーナスの額が高額であればあるほど致命傷にもなりかねない条件ですよね。

最大ベット上限額は各オンラインカジノによって異なるので必ず事前に確認してプレイしましょう。

 

このようにボーナスを受け取る上で注意する点をいくつか紹介しました。
入金ボーナスはもらってしまうと出金条件が重くのしかかる場合があります。

何十倍もプレイしなければ出金できないというかなりきつい条件のオンラインカジノであれば、入金ボーナスをもらわないという選択肢もあります。

ボーナスさえもらわなければ出金条件は入金額の1倍、さらのどのゲームでも100%換算なのですぐにクリアできるでしょう。

どのくらい長期的に遊ぶか、自分が遊びたいゲームが除外ゲーム、禁止ゲームに含まれないかなどを事前に確認しボーナスを受け取った方が得をするのかを吟味した上でオンラインカジノを楽しんでください。

 

不安な場合にはチャットやメールで問い合わせしてみる

利用規約を見てもわからない…
実際にオンラインカジノでトラブルが起きた時には誰もが焦ったり、冷静な判断ができなくなりますよね。

オンラインカジノの相談をする場合、一番頼りとなるのはカスタマーサポートでしょう。
起きた問題について、個別に対応してくれます。

現在では、日本語での対応をするオンラインカジノが増えてきたので、英語ができなくても問題はありません。

メール、電話等では返信までに数日かかることもありますが、今ではほとんどのところがライブチャットで対応してくれます。

オンラインカジノ運営者とライブで質問することによってその場で疑問点が解決することが可能になりました。

基本ルールを守らないとオンラインカジノを楽しむどころか、アカウントを凍結されてプレイそのものが出来なくなる可能性もあります。

利用規約など事前に確認することを怠らず、わからないことが一つでもあれば質問し、クリアな状態でオンラインカジノをはじめましょう。

 
↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST