オンラインカジノ攻略・必勝法

グッドマン法(1235法)とは?実践法・使い方について徹底解説

グッドマン法(1235法)とは

グッドマン法(1235法)は、勝利時や連勝時の利益を手元に少しずつ残しながら攻めていく、ディフェンス型の攻略法の一つです。

グッドマン法はバーレー系に属しており、連勝する度にベット額をあげていく攻略法です 。

パーレー法の場合はどんなに連勝していても一度の負けでマイナスになってしまう欠点がありました。

それを補い、連勝の途中で負けてしまっても利益が残るように作られたのがこのグッドマン法となります。

グッドマン法(1235法)は、別名1235法とも呼ばれており、連勝した場合に、1・2・3・5・5・5・・・・と賭け続けます。

負けるまで、1・2・3・5・5・5・・・と賭け続ける賭け方なので、 シンプルでわかりやすく賭ける事ができ、リスクを小さくしながら利益を確保することができます。

グッドマン法(1235法)で連勝数を増やすと大きな利益を得ることができますので、グッドマン法を使用してオンラインカジノでも手堅く稼いでいきましょう。

 

グッドマン法(1235法)のメリット・デメリット

メリット

  • 初期投資が少なくても実践できる
  • 連勝数が多いタイミングで使用すると効果的
  • 連敗時の損失額は最小限で抑えられる
  • 五分五分の結果でも利益を出すことができる
  • 最初に連勝さえすれば、後に連敗しても利益を残せる

グッドマン法(1235法)のメリットは、連勝時に行う性質ゆえに、攻略法を使用する時は資金にも余裕があり、賭け金も少なく行うことができるということです。

よく確実にコツコツと利益をあげる攻略法と言われていますが、瞬間的な連勝においては一気に利益を積み上げる爆発力もあります。

連勝数が多い時に使うとかなり効果的です。連勝の波に乗ってきたら、積極的に使いましょう。

最初に連勝さえすれば、後に連敗しても利益を残せるます。

連敗している限りベット額は1ドルのままなので、連敗が続いたとしても大きな損失になりません。

5勝5敗でも利益を出せる数少ない攻略法の一つで、あまり勝つことができないときにも利益を出すことができます。

デメリット

  • 増やしていくにはどうしても時間がかかる
  • 連勝できなければ利益は見込めない
  • 勝ち負けが交互となる勝負では損失額が積み重なる

一度負けるまでを1セットと考えるなら、1セットのリスクは1ドルとなりリスクは低い攻略法ですが、利益を大きく増やすにはそれ相応の時間がかかってしまいます。

連勝や連敗に対しては非常に頼もしいですが、2連勝してから利益を確保することができる攻略法です。

少なくとも3連勝するところまでいかないと意味のない攻略法のため、使うタイミングを気を付ける必要があります。

連勝せず連敗もしない、勝ち負けが交互となる勝負の場合は、損失額が少しずつ積み重なっていきます。

このような勝負の流れの場合は、早めに使用を止め、マーチンゲール法などの他の攻略法を併用していきましょう。

 

グッドマン法(1235法)の使い方

こちらのページでは、グッドマン法(1235法)の具体的な賭け方について詳しくご紹介します。

バーネット法は1・2・3・5倍でベッドをしていきます。

1回目 2回目 3回目 4回目
1000円 2000円 3000円 5000円
+1000円 +3000円 +6000円 +16000円

連勝していてる場合は上限の5倍までベッド額を増やしていきます。

1回目 2回目 3回目 4回目
1000円 1000円 1000円 2000円
× ×
-1000円 -3000円 -2000円 0円

連敗スタートの場合にも当たりが出た場合にはその後1・2・3・5で増やしていきます。
上記の場合5回目に続きます。

1回目 2回目 3回目 4回目
1000円 1000円 2000円 3000円
× ×
-1000円 0円 +2000円 -1000円

1・2と増えましたが、3で失敗してしまったので5に行かず1に戻ります。

 

グッドマン法(1235法)検証(プログラミング10万回)

グッドマン法の検証につきまして最適なサイトがありましたので、こちらを参照ください。

こちらのサイトではプログラミングしたツールで10万回の検証をしています。
プログラミングで検証10万回グッドマン法

10万回検証のルールは、100万円スタートです。

結果は、

勝負回数は100000
試行回数は20000
破たん回数は3642
破たん率は18.210000%
破たんするまでに行える勝負回数の期待値は92914.204450

このことからグッドマン法を使っていても増えていくことがないのがわかりますが、他の攻略法と違い破綻率が低いのが特徴です。

考え方としては、かなりの回数こなすことができ、増えるとも減るとも運しだいですが可能性がある攻略であるといえるでしょう。

 

グッドマン法(1235法)でプレイするときのポイントと注意点

ゲームを選ぶときのポイント

グッドマン法(1235法)に適しているのは勝率50%、配当が2倍のゲームなのでバカラ、ブラックジャック、ルーレット外枠、大小などです。

配当3倍のコラムやダズンベッドにおいても使用できないことはありません。

配当が3倍になるため、勝率もそのぶん下がりますが、連敗したとしても損失を最小限にとどめることができるメリットを生かし使用してみるのもいいでしょう。

なお、獲得額が変動するスロットやビデオポーカーなどでは、この必勝法を使うのは難しいです。

勝ち負けの波を上手く読む必要がある

連勝してこそ効果を上げる攻略法なので、使うタイミングが重要で見当違いな場面でグッドマン法(1235法)を使っても効果を発揮することができません。

連勝せず連敗もしない、勝ち負けが交互となる勝負の場合は、損失額が少しずつ積み重なっていきます。

このような勝負の流れの場合は、早めに使用を止め、マーチンゲール法などの他の攻略法を併用していきましょう。

長期戦でコツコツできる人ならおすすめ

基本的には長期でコツコツ型の攻略法となります。

コツコツと少しずつ利益を貯めることが性に合っている人、かつ、ゆっくりカジノと向き合える、時間に余裕があるときに使うようにしましょう。

 

まとめ

グッドマン法(1235法)はゲームに勝った時に使用する攻略法で非常にリスクが少ない攻略法となります。

連敗時にマイナスとなる損失額を極限まで抑えながら、連勝時の利益を追求できるリスクが少ない攻略法です。

グッドマン法(1235法)は連勝すればするほど効果が大きく、利益を格段に上げることができます。

連勝中には積極的に有効活用してください。

勝ち負けが交互となったり、短いスパンで勝ち負けが同数で進行した場合は、効果を発揮することができません。

少なくとも3連勝するところまでいかないと意味のない攻略法のため、使うタイミングを気を付ける必要はあります。

オンラインカジノをプレイしていく上で、攻略法の知識を持っておくとプレイの幅が広がります。

グッドマン法(1235法)の特徴やリスクをしっかりと理解してから挑戦してみて下さい。

 
↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST