嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ攻略・必勝法

ピラミッド法(ダランベール法)とは?実践法・使い方について徹底解説

ピラミッド法(ダランベール法)とは

ダランベール法(ピラミッド法)とは、マーチンゲール法と同じように賭け金額を調整することでトータルの勝ちを近づける攻略法です。

フランスの数学者、同時に物理学者・哲学者でもあるジャン・ル・ロン・ダランベールが開発した有名な投資法でゲーム数を増やしながら、長期的に収支をプラスに持っていくことができる実力のあるカジノ攻略法です。

具体的には、勝ったゲームの次のゲームでは賭け金を1ドル減らします。一方、負けたゲームの次のゲームでは賭け金を1ドル増やすという攻略法です。

戦略内容も非常にシンプルでアレンジや応用ができ、比較的扱いやすい攻略法です。

 

ピラミッド法(ダランベール法)のメリット・デメリット

メリット

  • 賭け金の増減が緩やかでリスクが少なく大きな資金がなくても実践できる
  • 勝ち負けが同数、もしくは負け数が勝ち数を上回っていても利益を出すことができる

ダランベール法(ピラミッド法)のメリットは、何と言っても実践のしやすさです。

ゲームの勝ち負けにより賭け金を増やしたり減らしたりする戦略ですが、増減させる額は僅か1単位です。

勝敗に関わらず賭け金や資金の減りがとても緩やかでリスクの少ない攻略法で、あまり大きな資金がない人でも実践できます。

また、ピラミッド法は攻略法使用内で出た損失額を、徐々に回収しながら利益に持っていくことができます。

連敗しても投資金が膨れ上がりにくく、勝敗数が同じくらいになった時には勝利しているということが多いです。

短期で資金を上げることには向いておらず、長期戦でコツコツと稼ぐことを目的とした戦略となります。

デメリット

  • 勝敗が同数で連勝から連敗した場合は不利
  • 連勝や連敗率が極端だった場合、効果を発揮することができない(2勝8敗や8勝2敗など)
  • 勝ち負けが交互となった場合、効果を発揮することができない

ピラミッド法(ダランベール法)のデメリットはあります。

連勝や連敗率が極端だった場合、例えば勝ちが続いた時です。

勝つ度に賭け金額を減らす攻略法のため、理論値以上に勝ちが続いた時は同一の金額を賭け続けた時よりも利益が減ることになります。

変な話ですが、勝てば勝つほど、利益が減っていく攻略法でもあるのです。

しかし、利益は少なくても負けてはいないので、負けたくない人のための攻略法と言えるでしょう。

勝ち負けが交互にくるような時にはこの手法は向いておらず、×○×○×○のように、勝ち負けが交互にある場合は効果が期待できません。

勝ち負け自体を操作できる訳ではないので、その時の場の空気を判断しながら、調整していかねばならないので、初心者向けと言われていますが、この空気を読むことは難しいところでもあります。

また10連敗したとすれば-55になります。

負けが続いてしまうと、一度の勝ちでは取り戻せないので、ゲーム回数を増やし、数回の勝ちが必要になります。

連敗が続いた場合は1セットやり直すための損切も必要になってきます。

 

ピラミッド法(ダランベール法)の使い方

こちらのページでは、ピラミッド法の具体的な賭け方について詳しくご紹介します。

例では1000円スタートします。

1回目 2回目 3回目 4回目
1000円 1000円 2000円 3000円
× × ×
+2000円 +1000円 -1000円 -4000円
5回目 6回目 7回目 8回目
4000円 5000円 4000円 3000円
×
-8000円 -3000円 +1000円 +4000円

このように外れた時には1000円づつ追加していき、当たった時には1000円減らしていきます。

勝率2分の1で2倍配当のものであれば、4勝4敗でも利益がでるのがピラミッド法です。

 

ピラミッド法(ダランベール法)検証(プログラミング10万回)

ピラミッド法の検証につきまして最適なサイトがありましたので、こちらを参照ください。

こちらのサイトではプログラミングしたツールで10万回の検証をしています。
プログラミングで検証10万回ピラミッド法

10万回検証のルールは、100万円スタート最初の掛金1000円で5連勝を最大勝利とした場合です。

結果は、

勝負回数は100000
試行回数は100000
破たん回数は97722
破たん率は97.722000%
破たんするまでに行える勝負回数は8778.653740

このことから延々とピラミッド法を使っていても増えていくことがないのがわかります。

しかし確率50%で利益がでるのは攻略法の中では優秀です。

考え方としては長々と勝負することなく、ここぞというタイミングでの短期決戦に向いている攻略法といえるでしょう。

 

ピラミッド法(ダランベール法)でプレイするときのポイントと注意点

ゲームを選ぶときのポイント

ピラミッド法(ダランベール法)に適しているのは勝率50%、配当が2倍のゲームなのでバカラ、ブラックジャック、ルーレット外枠、大小など、勝率が30%、配当が3倍のゲームでも使用は出来ます。

長期戦でコツコツできる人ならおすすめ

基本的には長期でコツコツ型の攻略法となります。

コツコツと少しずつ利益を貯めることが性に合っている人、かつ、ゆっくりカジノと向き合える、時間に余裕があるときに使うようにしましょう。

他の攻略法と組み合わせて勝率を上げる

ピラミッド法(ダランベール法)単体では、大きな勝ちには繋がりにくく、他の攻略法と組み合わせた方が良い場合も少なくありません。

たとえば、大勝ちを狙う攻略法の1つであるパーレー法と相性は良いです。ピラミッド法(ダランベール法)を使いながら、わずかな利益を出すのは、そう難しくはありません。わずかな利益が出た時に、パーレー法に切り替えるという作戦です。

パーレー法は、勝負に勝った時に前回賭けた金額の2倍を賭けるという大勝ちを狙う攻略法ですが、ピラミッド法(ダランベール法)で浮いた資金であればベットしやすいでしょう。

もちろん、パーレー法は連勝が前提なので成功する確率の低い攻略法です。
目標金額に達するまでに負けてしまう可能性の方が高く、その時はまたダランベール法に戻り、わずかな勝ちを目指していくのも良いでしょう。

 

まとめ

ピラミッド法(ダランベール法)は比較的リスクが少ない長期戦の攻略法となります。

あまり大きく賭け金額が変動することはないため、無理のない金額から始めれば、長くゲームを楽しみながらトータルでの勝利を目指せるでしょう。

勝ちも負けも小さくするような攻略法のため、大きな勝ちを目指したい人には他の攻略法と組み合わせた方が良い場合もあります。

オンラインカジノをプレイしていく上で、攻略法の知識を持っておくとプレイの幅が広がります。

ピラミッド法(ダランベール法)の特徴やリスクをしっかりと理解してから挑戦してみて下さい。

 
↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST