嘘のない正確な情報を配信するサイトとして行動規範が認められ日本で数少ないGPWA(世界的なギャンブル協会)の認可を受けています。
オンラインカジノ攻略・必勝法

10%法(テンパーセント法)とは?実践法・使い方について徹底解説

10%法(テンパーセント法)とは

10%法と言うのは、名前の通りゲームを進めていく中で、増えても減っても、常に手持ちの10%を賭けていくとてもわかりやすい方法です。

10%法は、マーチンゲール法のようにメジャーなベッティング手法ではないので知らない方も多いと思いますが、比較的堅実なベット方法の一つで着実に資金を増やすことができます。

持ってる資金の常に10%を賭ける事になるので資金が一瞬でなくなるという事は絶対にありえません。

連続で負ける時にはなるべく損失を抑え、反対に連続で勝つ時には大きく儲けることを目的とした攻略法となります。

使えるゲームが幅広く、シンプルなため、初心者でもおすすめの攻略・必勝法です。

 

10%法(テンパーセント法)のメリット・デメリット

メリット

  • 勝ち続けた時の利益率がUPする
  • 負けても資金の減りが穏やか

10%法(テンパーセント法)のメリットは資金の10%を賭けるという点です。

勝ちを重ねて自己資金が増えていけば、利益はどんどん伸びていきます。

また、利益が積みあがるスピードに対して損失が膨らむスピードはそこまで早くありません。

連敗が続いて自己資金が減れば損失額も減少するため膨らみづらく、自己資金があっという間に溶けてしまうという心配はありません。

リカバリーもする事が出来る点はかなり優れてると思います。

デメリット

  • 勝ちと負けの数が同じ(五分五分)だと損失が出る
  • 最初に連敗してしまうと取り返すのに時間がかかる
  • 計算結果と実際の掛け金に誤差が出る場合もある

10%法(テンパーセント法)では掛け金がその都度変化するので、同額賭けに比べると五分五分の勝負時は徐々に自己資産が減っていきます。

最初に負けを出してしまった場合、賭け金が下がってしまうため、勝ちが多くないと資金がマイナスになってしまいます。

賭ける金額の計算にも注意しなけばいけません。

オンラインカジノの各テーブルでは賭けられるベットリミットが設定されており、小数点以下にあたる賭け金が下回るベットリミットの場合は計算結果と実際の賭け金にわずかながら誤差が生じます。

計算結果で小数点が出た場合は、切り上げ、切り捨てのどちらかに統一したほうがいいでしょう。

 

10%法(テンパーセント法)の使い方

こちらのページでは、10%法の具体的な賭け方について詳しくご紹介します。

10%法は当たっても外れても常にその時の資金の10%をベッドしていく方法です。

10%法では端数が出る為、小数点以下は四捨五入とします。

わかりやすいように10000円スタートで極端なパターンで紹介します。

回数 勝敗 ベッド額 資金 収支
1回目 1000円 11000円 +1000円
2回目 1100円 12100円 +2100円
3回目 1210円 13310円 +3310円
4回目 1330円 14640円 +4640円
5回目 1460円 16100円 +6100円
6回目 × 1610円 14490円 +4490円
7回目 × 1450円 13040円 +3040円
8回目 × 1300円 11740円 +1740円
9回目 × 1170円 10570円 +570円
10回目 × 1060円 9510円 -490円

当たりが先行した場合です。

2分の1で2倍のゲームをプレイし当たりが先行しても5勝5敗の場合マイナス収支になってしまいます。

次は交互に勝ち負けを繰り返した場合です。

回数 勝敗 ベッド額 資金 収支
1回目 1000円 11000円 +1000円
2回目 × 1100円 9900円 -100円
3回目 990円 10890円 +890円
4回目 × 1090円 9800円 -200円
5回目 980円 10780円 +780円
6回目 × 1080円 9700円 -300円
7回目 970円 10670円 +670円
8回目 × 1070円 9600円 -400円
9回目 960円 10560円 +560円
10回目 × 1060円 9500円 -500円

当たりが先行した場合とほとんど変わらない結果になります。

負けが続きとベッド額が少ないため取り戻すために勝率が上がらないと増えませんし、勝ちが続いても増える速度が遅い上に負けが続くとベッド額が上がっているため損失が増えます。

つまり2分の1の勝負で10%法はまったく機能しない資金管理システムといっていいと思います。

 

10%法(テンパーセント法)検証(プログラミング10万回)

10%法の検証につきまして最適なサイトがありましたので、こちらを参照ください。

こちらのサイトではプログラミングしたツールで10万回の検証をしています。
≫プログラミングで検証10万回10%法

10万回検証のルールは、100万円スタート最初の掛金1000円で5連勝を最大勝利とした場合です。

結果は、

勝負回数は100000
試行回数は100000
破たん回数は100000
破たん率は100.000000%
破たんするまでに行える勝負回数は1070.484100

このことから延々と10%法を使っていても増えていくことがないのがわかります。

10%法は資金を増やすためにも資金を守るためにも使えない無駄な攻略法と言えます。

 

10%法(テンパーセント法)でプレイするときのポイントと注意点

ゲームを選ぶときのポイント

10%法(テンパーセント法)は広範囲で使用できる攻略法と言えます。
1:1(2倍配当=ルーレットの赤黒、奇数偶数、バカラ、ブラックジャックなど)または1:2(3倍配当=ルーレットのコラム、ダースベットなど)のゲームで有効となります。

勝率の高さを利用する

10%法(テンパーセント法)は、連勝が続けば続くほど利益率がアップしていく必勝法です。どのゲームや賭けでも扱える戦略となりますが、勝率の高いゲームや勝率の高い賭けであれば率先して使用していきましょう。

攻略法を組み合わせて活用する

10%法(テンパーセント法)は連敗しても損失を抑えることができるとても有効な攻略法ではありますが、もし先に大きく連敗してしまうと損失分を取り戻すのはなかなか難しいです。
長期的に安定して勝ち続けるためには、連勝確率の高い他のカジノゲーム必勝法と合わせて使用する必要があります。

 

まとめ

10%法(テンパーセント法)はどんな賭けやゲームでも扱うことができる非常に応用が利くカジノ攻略法です。

使用する賭け金は常に資金の10%と、計画的に資金を利用することができるため長期戦向けの攻略法となります。

また、勝ちが続いている時には賭け金を増加させ利益を高め、負けが続いている時は賭け金を減少させ損失額を抑えるローリスク・ハイリターンな攻略法です。

しかし、連勝が続けば続くほど利益率がアップしていきますが、先に大きく連敗してしまうと損失分を取り戻すのは難しく、10万回検証でも100%破綻しているようにおすすめはできない攻略法になります。

 
↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST