オンラインカジノ攻略・必勝法

モンテカルロ法とは?実践法・使い方について徹底解説

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は優秀な投資術として知られ、カジノ以外にも使える攻略・必勝法です。

決められた数列を作り、ベット額を数列に従って決めていく方法です。

やり方は慣れるまでは少し複雑ですので、初心者はメモをとりながら進めていくと良いでしょう。

負けが続いても大きなリスクを背負うことがないので小さなリスクでコツコツと増やすことができます。

モンテカルロ法を使ってカジノがひとつ潰れたという噂が出回るほど注目されていますが、本当かどうかは定かではありません。

このページでは、 モンテカルロ法の使い方・注意点についてご紹介します。

 

モンテカルロ法のメリット・デメリット

メリット

  • 連敗時の賭け金が大きくなりづらい
  • 3倍配当であれば、1サイクル終了時に必ず利益が出る
  • 低リスクの長期型でコツコツ利益を確定できる

モンテカルロ法は、一言でいうと長期でコツコツ型の攻略法です。

一回のゲームに使う賭け金も、そんなに大きくならないので、始めから資金を多く用意する必要もありません。

3倍配当のゲームでは、プラスになるまで勝利をたった数回得るだけで、利益を得ることが可能です。

負けの回数より少なく利益を上げることが出来ます。

マーチンゲール法ほどリスクをとることなく、攻略法が終了した時点で、利益を確定させることができます。

資金残高に余裕がない方でコツコツと少しずつ儲けたい人にとっては便利な攻略法です。

短期的に勝負を決めるよりも、少し長い時間の勝負に向けた攻略法で、ゆっくりと遊ぶことができます。

慣れないうちはメモを取りながらで非常に面倒ですが、やってみる価値は十分にあります。

デメリット

  • 大勝ちすることはない
  • メモを取る手間がかかる
  • 数列を記述する必要があり、複雑なので慣れるまで時間がかかる

モンテカルロ法の欠点としては、数列を記述していく必要があり若干面倒なところです。
数式の記述にはルールがあるので覚える必要がありますし、頭だけで記憶していくのは困難です。

またメモの用意などの数列を覚えるためのツールが必要になります。

マーチンゲール法やココモ法のように1回の勝利で全ての投資分を取り戻せるような手軽な攻略法ではありません。

モンテカルロ法は、数列の数を消化し切ってトータルで初めて利益を得られる攻略法です。
複数回の勝利を得ることですべての投資額を取り戻すシステムになっています。

リスクが低いと言っても、連敗が続くとトータルのベット額は膨らんでいき、結局は資金が底をついてしまう危険性もあります。

流れに乗れずにゴールまでの道のりも長く資金が底をつきそうな予感があればどこかで損切をする勇気も必要です。

 

モンテカルロ法の使い方

こちらのページでは、モンテカルロ法の具体的な賭け方について詳しくご紹介します。

まずは数列を並びで3つ書きます。例はわかりやすく×1000円でいきます。

1 2 3

1回目は左の1と右の3を足した4×1000円をベッドします。
この4000円が外れたと仮定します。

1 2 3 4

外れた場合右端に外れた数字を追加します。
1回目で4×1000円が外れたので3の横に4を追加します。
2回目は、この左の1と右端の4を足した5×1000円をベッドします。
次にこの5000円が当たったと仮定します。

1 2 3 4

当たった場合は横に数字を追加せず、両端の数字を消します。
1と4を消し残った数字は2と3になるので、3回目は足した5×1000円をベッドします。
次にこの5000円がまた外れてしまったと仮定します。

2 3 5

5000円が外れたので3の横に5を追加します。
4回目は左の2と右の5を足した7×1000円をベッドします。
この7000円も外れてしまったと仮定します。

2 3 5 7

同じように5の横に外れた数字の7を追加します。
左の2と7を足した9×1000円を5回目ベッドします。
この9000円が当たったと仮定します。

2 3 5 7

次は残った3と5を足した8×1000円をベッドします。
これも当たったと仮定すると数字がすべてなくなります。

モンテカルロ法はこのように数字がなくなって1セットとなります。

結果 ベッド額 合計
1回目 × 4000円 -4000円
2回目 5000円 +1000円
3回目 × 5000円 -4000円
4回目 × 7000円 -11000円
5回目 9000円 +7000円
6回目 8000円 +25000円

このように勝率50%でも利益がでます。

 

モンテカルロ法検証(プログラミング10万回)

モンテカルロ法の検証につきまして最適なサイトがありましたので、こちらを参照ください。

こちらのサイトではプログラミングしたツールで10万回の検証をしています。
プログラミングで検証10万回モンテカルロ法

10万回検証のルールは、100万円スタート最初の掛金1000円で5連勝を最大勝利とした場合です。

結果は、

勝負回数は100000
試行回数は100000
破たん回数は99051
破たん率は99.051000%
破たんするまでに行える勝負回数の期待値は4858.110280

このことから、モンテカルロ法を続けるとベッド額が足りなくなりほとんどの確立で破たんしてしまうことがわかります。

考え方としては、ここぞというタイミングで1セット勝負をする短期決戦に向いている攻略法といえるでしょう。

 

モンテカルロ法でプレイするときのポイントと注意点

ゲームを選ぶときのポイント

モンテカルロ法は広範囲で使用できる攻略法と言えます。

1:1(2倍配当=ルーレットの赤黒、奇数偶数、バカラ、ブラックジャックなど)または1:2(3倍配当=ルーレットのコラム、ダースベットなど)のゲームで有効となります。

基本的には3倍配当のゲームで活用することをおすすめします。

3倍配当のゲームとしては、ルーレットのダズンベットやコラムベットが代表的です。

2倍配当のゲーム、たとえばバカラなどで使うことはできますが、場合によっては連勝で締めくくらないと、モンテカルロ法が1セット終わったとしても利益が出ない可能性があります。

数列を記述の為に紙とペンを用意しよう

モンテカルロ法に挑戦するときには数列を記述していく紙とペンなどのツールを準備しましょう。

数列記述を間違うとベット額を間違えたり、1セット終了しても利益が残らないという事態になる可能性があります。

数列に数字を加えたり、消したりしていくルールをしっかりと把握し、間違いなく記述していきましょう。

長期戦でコツコツできる人ならおすすめ

基本的には長期でコツコツ型の攻略法となります。

1セットが短期で終わることもありますが、連敗が続くと1セットを終わらせるのになかなか時間がかかります。

コツコツと少しずつ利益を貯めることが性に合っている人、かつ、ゆっくりカジノと向き合える、時間に余裕があるときに使うようにしましょう。

モンテカルロ法は数列を用いているため、焦りとイージーミスは気を付けましょう

 

まとめ

モンテカルロ法は数列を用いた長期でコツコツ型の攻略法です。

きちんとベットできればリスクを抑えながらプレイする事が出来、じわじわ増やすのが好きな人やしっかりと時間を確保してプレイ出来る人にはとっても有効な攻略法です。

複数回の勝利を得ることですべての投資額を取り戻すシステムになっており、負けが続いても大きなリスクを背負うことがないので小さなリスクでコツコツと増やすことができます。

ですが、リスクが低いと言っても、連敗が続くとトータルのベット額は膨らんでいき、結局は資金が底をついてしまう危険性もあります。

セットが終了しないとしてもゴールまでの道のりが長ければ損切をする勇気も必要となります。

オンラインカジノをプレイしていく上で、攻略法の知識を持っておくとプレイの幅が広がります。

モンテカルロ法の特徴やリスクをしっかりと理解してから挑戦してみて下さい。

 
↓↓ブログランキング応援宜しくお願いします。↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
RELATED POST